sky riders

色々な乗り物と音楽の日記

シマノSTIレバーでカンパブレーキを引く

お久しぶりです。この前の記事で、Tiagra以下のブレーキでもすぐには交換する必要は無いんじゃねーの(ドヤ)ってな趣旨のことをチラッと書きましたが、こないだ交換しちゃいました。秒速手のひら返しです。ので、今回はそれについての記事を書こうかと思います。

前々回のブログで書いたとおり、Tiagraのブレーキが実はいいのか、ぼくの恐怖心に欠陥があるのかは定かではありませんが、ぼくはこれまで4700系Tiagraのブレーキに対して特に不満を抱いたことはありませんでした。

しかし、現状に満足していても更にイイものが欲しくなるのがオタクの性というものです。これは自転車オタクだけじゃないオタク共通の悩みのタネでしょうね。

さてさて、まずはなんで105以上に交換するのが推奨されてるのかってとこからおさらいしましょう。

現在のシマノのシリーズモデルのブレーキは、ブレーキシステムの違いで105以上とTiagra以下で分けられます。Tiagra以下には、NEWスーパーSLRという機構が搭載されています。名前はだいぶ強そう。

NEWスーパーSLRのキャリパーは、アームを動かすための軸が2箇所あります。下図の通りです。
f:id:keielle0419:20170619105148j:image

対する105以上では、SLR-EVと呼ばれる機構が搭載されています。SLR-EVでは、軸が3箇所に増え、更にアームが短くなっているので、軸から力点までの距離が短くなり、ストッピングパワーが向上しているらしいです。
f:id:keielle0419:20170619105307j:image

で、このSLR-EVを搭載したブレーキに交換するときの定番が、アルテのブレーキです。105との価格差が少なく、その割には見た目が良かったり剛性面などで優れるので人気です。名前的にもイチマルゴよりアルテグラの方が強そうでカッコイイですよねぇ。ちなみにデュラはクソ高くて、確かアルテの倍くらいします。

なのでセオリー通りアルテを買えばいいだけの話なんですが、定番だけあってブレーキだけアルテって人は結構多いです。ホイール界で言うとこのゾンダ、タイヤ界で言うとこのコンチGP4000S2ってな感じでしょう。性能、コストパフォーマンスは文句なしのデファクトスタンダードですが、そこらに溢れ返りすぎてます。個人的にはあんまり面白くないチョイスです。

で、新しいブレーキが欲しくてウズウズしていたぼくのところに、たまたまカンパニョーロ・コーラスのブレーキを前後セット5000円という破格で売ってくれるという方が現れたわけです。

かねてよりブレーキとSTI(エルゴ)はカンパの方がイイ!って話を聞いていたぼくは、何も考えずに飛びつきました。憧れのカンパニョーロだ、わーいってな感じです。

しかし、冷静に考えてみればシマノのショーバイガタキの製品です。シマノコンポ内でもグレード、年式ごとにきびしい互換非互換関係があるというのに、ライバル社の製品と完全互換するつくりになっているわけがありません。自社製品ですら過去の規格はバッサバッサと切り捨てるシマノ様ですからね。そこらへんは他社の方が良心的です。

とはいえ買っちまったもんは仕方がないので、とりあえず取り付けることにします。ブレーキはワイヤーで直接ひっぱるだけなんで、ディレイラーよりは多少アバウトでも大丈夫だろう、ってな魂胆です。

ワイヤーは買い直す必要がありますが、そこらで1000円以下で売ってるので大して気にはならないでしょう。ぼくは近所のヨドバシカメラで買いました。10%ポイント還元はすごいですよねぇ。これに慣れちゃうとTポイントとかの200円1ポイントがばからしくなります。ヨドバシで3000円ちょっとお買い物をすればポイントだけでトミカが買えちゃうのに、ファミマで3000円分買い物してもポイントで買えるのはせいぜいブラックサンダーがいいとこです。

あ、ちなみに交換に使った工具は主にアーレンキーだけでした。さすがにロードバイクをある程度嗜んでいてアーレンキーを持ってないなんて人はいないでしょう。気になる人はトルクレンチを使ってもいいですね。というかむしろそっちの方がスタンダードか。

取り付け自体は古いブレーキから伸びてるワイヤーの先端をぶった切り、STIの中からしゅるしゅるっと抜いて、新しいブレーキをつけてワイヤーを通すだけです。あら簡単。

で、こうなりました。

 f:id:keielle0419:20170817212805j:image

うん、かっこいい。アーチに空いてる空洞はカンパ特有のスケルトンというやつで、あえて少し剛性を落とし、アーチをたわませることでコントロール性を向上させているらしいのですが、見た目にもステキですね。今までカッコよく見えていたアルテのブレーキが急に無骨でしょぼく見えてきます。

あ、R8000系新型アルテのブレーキはデュラ9100を踏襲したデザインでなかなかかっちょよくなりましたね。

さて、お気付きの方もいるかと思いますが、実はシマノブレーキにはあるアレがカンパにはありません。そう、解放レバーがないんですね。輪行する時に触ったり、プロとかになるとシチュエーションによっては効き具合をこれで調整するってことをやったりします。

なんでそれが無いのかっちゅーと、カンパニョーロはレバー側に解放機構を内蔵しているからなんです。なので、イレギュラーなカンパブレーキシマノレバー引きだとブレーキをワンタッチで解放する術がありません。まあ普段使うわけでも無いので別にいいんですけどね。ただしタイヤを外す時はブレーキに引っかかるんで、手でブレーキを解放してやるかエイヤッと強めに引っ張る必要があります。

ちなみに、先程使用する工具について「主に」と述べましたのは、カンパのブレーキはシューの取り付け部にトルクスネジが用いられてるからです。なのでトルクスレンチが調整時に必須です。いくらブレーキ本体を取り付けられても、シューがリムに当たらなきゃ自転車は止まりません。

 

さて、肝心の効きについてですが、流石に今まで付いていたティアグラよりは良く止まります。強めに握り込めばブラケットポジションでもジャックナイフに持ち込めることにびっくりしました。今まではそれができなかったので...。

ただし、リアの効きはそんなに良いもんじゃないです。ぼくが買ったブレーキはリアがシングルピボット式という80年代までは主流だったわりかし古めかしい規格で、その名の通り左右でアーチの軸がひとつしかないです。そのため制動力は主流のデュアルピボット式に比べて劣り、片効きもしやすいです。

現在でもシングルピボットを採用し続けているカンパの言い分では、ロックしにくくコントロール性に優れるって理屈らしいですが、なーんか制動力の低さを正当化しようとしてるだけのような。うーん。

とは言っても、チャリンコのブレーキなんぞ前が8割って言うくらいなんで、多分そんな気にすることは無いと思いますよ。それなりには効きます。

そのコントロール性ですが、そんなに目に見えて変わるほどじゃないように感じました。

強いて言うならば、信号なんかでゆっくり少しずつスピードを落とすような時に、ティアグラブレーキよりそれがやりやすい気はしました。握り始めはなかなか効かなくてあるポイントからガツンと効くような感じのシマノに対して、制動力がじわじわ効いてくような感じです。プラシーボ効果かもしれませんけど。

 

まとめに入りましょう。結論から言うと、特殊な事情が無ければ、普通にシマノのブレーキでアップグレードした方がたぶん幸せになれます。

カンパエルゴにコーラス・ブレーキならばまあまあの性能でしょうが、シマノSTIとの組み合わせは本来の性能を100%は発揮できてないでしょう。この組み合わせではたぶんアルテに歯は立ちません。ぼくがシマノSTI×コーラス・ブレーキで満足しているのは、あくまでお粗末なティアグラに慣れていたからに過ぎません。ただし、好みにもよりますがビジュアル面だけはアルテを蹴散らせるでしょう。野暮ったい解放レバーが無く、スケルトンの美しい造形はシマノには無い華があります。

ですが言ってしまえば、シマノレバーでわざわざカンパブレーキを引くメリットはそれくらいです。大人しく105アルテデュラを買いましょう。特に競技勢なんかは変なことはしない方がいいです。

それでもシマノSTIでカンパを使いたい!という変なひとはぜひどうぞ。普通に効くので安心してください。