Faster,Stronger,Wiser

乗り物がない人生なんてつまらない。ロードバイク日記。たまにクルマや音楽、ガジェットも。

CAAD12 Tiagra。。。

衝撃のデビューです。値段を聞いた瞬間はひっくり返るかと思いました。

キャノンデールが2018年ラインナップから先行してCAAD12のTiagraモデルの販売を開始しました。

2017年のCAAD12のボトムが105モデルで税抜き19万だったのに対し、今回のTiagraはなんと税抜き15万というプライスタグを付けてきました。おいおい。アルミエントリーの我らがCAAD OPTIMOのTiagraが14万ですよ。しかもカラーもオプティモTiagraに設定のあるクソミドリ、じゃなかったアシッドグリーンと来てます。額面だけ見りゃあオプティモTiagra乗りが大阪のキャノンデールジャパン本社の前でデモ隊を組むレベルです。

一旦落ち着いて詳しく見ていきましょう。今回発表されたCAAD12 Tiagraの画像がこちら。
f:id:keielle0419:20170614071956j:image

一瞥してもコストダウンが図られた箇所が複数見受けられますね。まずはクランクでしょうか。従来のCAAD12が全てキャノンデール謹製のSiクランクを採用していたのに対し、フツーのFSAクランクになってます。定番のゴッサマーかと思いきや、更にグレードを落としたオメガみたいです。

次にホイールです。従来では105,アルテ共にマビクソのアクシウムがアッセンブルされていましたが、こちらはスポーク数が多くて野暮ったいホイールになってます。これは多分105以外のオプティモ、素エボTiagraと同じMadduxリムにFomulaハブで組まれた鉄ゲタです。

 

で、見えない部分です。

一番デカいのはフォークでしょう。従来のCAAD12ではSuperSIXと同一のフルカーボンフォークを採用していますが、こちらはアルミコラムカーボンブレードでオプティモと同一です。システムインテグレーションとはなんだったのでしょう。あと、フレームはフツーにCAAD12なはずなのですが、キャノンデール側の公表したスペック表によるとBBが何故かBB30AじゃなくてBB30になってます。まあこれはお家芸の誤表記でしょう。

ちなみにステム、ハンドル辺りのパーツも大体オプティモと同じです。ブレーキもテクトロ辺りになっているかと思いきや、こちらはしっかりシマノです。ここをケチらなかったのは褒められますね。チェーンはKMCになってるみたいです。

とまあここまで見ていくと、オプティモTiagraとの相違点はほぼフレームとクランクだけってことになります。オプティモの中でも再量販モデルであろうオプティモTiagraを買おうとしているとこに諭吉さんを1人召喚すれば、アルミフレームの神(苦笑)が手に入っちまうワケです。多少見てくれはチープですが。いやいやこれはまずいでしょう。このままではタダでさえ少ないオプティモ人口が更に減少傾向へと向かうのは火を見るより明らかです。キャノンデールが2018年モデルでオプティモにどうテコ入れするかがキモになってきます。

例としてひとつ挙げるとすればカラーリングの変更でしょう。今回のCAAD12 Tiagraは見てくれって意味だとだいぶ迷走してます。フォークだけブラックってのはなんだかチープです。
f:id:keielle0419:20170614075527j:image

おまけにシートステー下部とフォークの先っぽにおかしなグラフィックが施されています。シートステーの新興宗教ロゴマークみたいなのはともかく、フォーク先端のローマ数字はタチの悪い冗談だと信じたいくらいです。中学生が良かれと思って貼っつけた切り文字ステッカーって感じがしますね。

12ディスはさておき、グラフィックをド派手にすればそれなりにユーザーは食いつくはずです。今のオプティモは直線的なフレームにシンプルなグラフィックがマッチしていて個人的にはかなりカッコいいと思うのですが、エントリーモデルを買うような若年層への請求力としてはちと欠けます。

 もうひとつ挙げるとすれば更なる低価格化でしょうか。とは言っても現行オプティモは結構頑張っていて、これ以上価格を下げようとすると、オプティモ売りのひとつであるシマノ製コンポフルアッセンブルが崩れてしまいます。そこで新型クラリスに白羽の矢が立ちます。現行オプティモにもクラリスモデルは存在するのですが、正式には国内未導入となっています。正式にはと書いたのは、ワ○ズロードがキャノンデールジャパンと手を組んで一定数専売体制を敷いているからです。

R2000系となってビジュアルが大成長を遂げたクラリスを採用した完成車に一定の需要があるのは確実です。現行オプティモの最安値のSORAモデルが115000円です。仮にR2000クラリスをフルアッセンブルして実売10万円以下で販売できれば、バカ売れとは言わないまでもスマッシュヒットくらいにはなるでしょう。キャノンデールのアルミはすごいぜ!みたいな風潮はなんとなく存在してますし、実際オプティモの評判はかなりイイので、エントリーロード10万円以下枠のリングに殴り込みを掛けられればそこそこ健闘できるんじゃないですかね。

いやあ、キャノンデールジャパンにはひとつ頑張って頂きたいところです。頑張りすぎてTiagraや105モデルまで値下げされてもアレなんですけどね。