sky riders

色々な乗り物と音楽の日記

ロード初心者が初心者なりにペダルについて考えてみた

お久しぶりです。オプティモのレビューでも書こうとは思っているのですが、なんだか筆が進まないのでこちらを先に書くことにします。

 

ロードバイクを買おうとしているヒト、買ったばかりのヒトがほぼ確実に陥るであろう問題がペダルについてなんじゃないでしょうか。このご時世、グーグル先生にちょっと訊けば答えは出るんじゃないかと思いきや、最初からロード用のビンディングにしろだとか最初はフラペで良いだとかMTB用のSPDペダルにしとけだとか片面フラペのSPDにしろだとか色んなとこで色んなことが書かれてます。人それぞれなんだからしゃーないんですが、戸惑うのも無理ないです。もちろんぼくもそうでした。

 

今回はそれを踏まえた上でネット上の諸々の一部となってしまう記事を敢えて書きます。

結論から言うと、ぼくは最初からロード用のビンディングにしておくのが吉なんじゃないかなあ、と思ってます。

ビンディングを付ければ引き足が使えるから速いとか疲れにくいとかよく言いますが、ぶっちゃけズブのシロートじゃあ巡行が数km上がるくらいなもんで、他の明確なメリットはダンシングなんかで一時的に大トルクを掛けるのがやりやすいくらいだと思います。それを大きいと捉えるか小さいと捉えるかは人次第ですが。むしろフラペの方が足を自由に動かせて疲れにくいという見方もできますし、ビンディングは慣れるまでは立ちゴケの危険が付き纏います。ビンディングでも普段履きで街乗りに繰り出すことはできますが、当然フラペよりは踏みにくいです。あと当然ですが初期費用が高くつきます。ペダル自体もフラペより高いですし、専用のシューズも必要になるので、ちゃんとしたのを買おうとしたらだいたい2万くらいは覚悟しなけりゃならないです。

ここまでネガな面を列挙しといて、じゃあなんでビンディングを推すかっつー話ですよね。

ここからは完全な持論の振りかざしになります。気に食わない人はそっとブラウザバックしてください。

さて、ちょっと考えてみましょう。街乗りや通勤通学なんてママチャリ、クロスバイクで事足りるケースが9割です。それなのに敢えて高いカネ払ってロードバイクを始めるヒトってのはなんなんだ、と。

偏見入ってますが、そういうヒトのほとんどは、自転車を趣味にしようとしてるか、通勤通学を少しでも楽にしたいとか、美しい自転車を眺めて悦に浸りたいとか、はたまたカッコいいチャリンコ乗ってる俺カッケーしたいかのどれかには当て嵌まると思うんです。たぶん。そして、そういうヒトって所有欲だとか特別な乗り物に乗ってる的な実感が多かれ少なかれ欲しいもんです。(というか、この記事はそれを前提に書いてます。)

ロードバイクをそういう特別な乗り物として見た時に、頂点に立つのがプロユースのレースバイクでしょう。ツール・ド・フランスなんかはロードバイクに興味が無い人だって知ってますよね。そんなプロ用のバイクでも、ペダルなんかは高くても3,4万くらいです。それとほぼ同じ機能を有して見た目も似たビンディングペダルが1万円を切る価格で買えるワケです。

逆に、フラットペダルはその辺のママチャリにも同じ機能が有した似たようなものが付いてると言えちゃいます。もちろん優れたフラットペダルはママチャリのフラットペダルとは別物で、ヘタなビンディングペダルよりベアリングなんかも数段精度が高いです。ビンディングだからフラペより偉いなんてことはただの1ミリもありません。それなりのロードバイクにフラペが付いてるのを見てにわかだとか抜かしてコケにする輩はしばしば見掛けますが、そんなウ○コ野郎など気にすることありません。彼らがのたまっているのはニホンジンの癖にナイフとフォークでメシ食ってるぜ、くらいのバカげた理屈です。

マウンテンバイク向けのSPDペダルっつーもんもありますが、あれは本来の用途が山を駆けずり回るモンなんであまりお勧めしません。乗ったことがないので確定的な事は言えないのですが、ロードに付けるにはフラペとロード用のビンディングに挟まれてどっち付かず的なポジションな気がします。街乗りがメインだけどビンディング使いてーってヒトにはちょうどいいかも知れませんね。

話を戻しますが、形から入るというのは結構重要だと思うんです。自分のバイクにはレース用の機材が投入されてるんだ、と思うだけで結構モチベになったりします。カッコいいし。そして、走っていてもビンディングは楽しいです。信号やらによるストップ&ゴーの度に足首を捻ってペダルを外してまた付けてってのは面倒かも知れませんが、ばちん、と小気味良い音を立ててペダルが着脱する感覚はとても気持ちいいものです。先に述べたようにデメリットも山ほどありますが、特別な機材の代償と思えばさほど気にする程ではないでしょう。

 

余談ですが、ぼくはtimeのxpresso4ってペダルを愛用してます。ビンディングの定番はシマノなんですが、困ったことにペダルの形ってのは上位も下位もそんなに変わらんので、シマノspd-slはそこら中に溢れかえってるんですよね。てな訳で、他に候補として挙がったtime、look、sppedplayの中からデザインとお値段の兼ね合いが取れたtimeの下から2番目のモデルを購入しました。wiggleで7000円。下から2番目と言っても、踏み面にはメタルプレートも付いてて安っぽいなんてことはありません。
f:id:keielle0419:20170521194144j:image
こんな感じ。

たぶんシマノで言ったら105くらいでしょう。ちなみに重量はdura-aceのペダルよりも軽いです(その分耐久性が犠牲になってるみたいですが)。どこかカブトムシを連想させるようなゴツゴツとしたフォルムは個人的にはとても気に入ってますし、巷で言われている通りシマノに比べて固定時に足を動かせる領域が広くて楽ちんです。あ、ぼくは別にTIMEの回し者とかじゃないですよ。

弱点を挙げるとすれば、クリートの磨り減りの早さですね。聞いてはいたものの恐ろしく早い。ぼく足の付き方がヘッタクソなせいもあるでしょうが、700kmちょいで固定力が失われてきます。そこにさえ目をつぶればTIMEのペダルはとてもお薦めなので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

 

たぶん、ここまで記事を読んでくださったあなたはビンディングペダルが欲しくなっているんじゃないでしょうか。そうじゃない方も、ロードバイクを買って、走って、知識を身につけてきた時に、ビンディングペダルはきっと欲しくなることかと思います(ならなかったらすいません)。

 

やたらエラソーな駄文の上にウザくてクサい締め方になってしまいましたが、以上がぼくの思うペダル論です。これからロードバイクを買おうとしている方の参考に少しでもなればこれ幸い。ではまた。

 

(2017/5/21 改訂)